角型プラスチック容器(RS缶)のご紹介


line


角型プラスチック容器(RS缶)とは・・・
四角い形(立方体)をしたプラスチック製(PP)の容器です。
主に、インキメーカーで、使用後に回収されるリサイクル容器として開発されました。
(回収をご希望のお客様は、別途お問い合わせください)
水性インキ、接着剤、糊等を入れる容器として使用されています。
形や容量が一斗缶オープンタイプ(天切缶)と似ており、錆びないため、一斗缶の代替としても使用できます。

錆びでお悩みの方、保管スペースを有効利用したい方、輸送時の積載効率をアップさせたい方、ぜひお試しください。

40缶単位でご利用のお客様は別途お問い合わせください。ベストプライスにてご案内いたします。

使用後の回収、40缶単位での購入のご相談はこちらまで





>> 製品の情報、販売ページはこちら <<




line


特長1 錆びない

すべての材質(本体、蓋、取っ手)がプラスチックのため、錆びの心配がまったくありません。

特長2 へこみにくい

金属に比べて衝撃による「へこみ」の心配が軽減できます。

特長3 保管スペースの低減

本体にテーパー(角度)があるので、積み重ねが可能です。
空缶時の在庫スペースが低減できます。


特長4 開封後の蓋は、何度も開け閉め可能

蓋を一度開封した後は、タッパー式の蓋となり、何度も開け閉めできます。

特長5 廃棄時の分別処理が不要

すべて同一の素材(PP)を採用しているため、廃棄時の分別処理が不要です。




>> 製品の情報、販売ページはこちら <<




line

使用実績

インク、塗料、接着剤、糊、粉体製品、固体製品など


導入事例

【導入前の課題】
工場内での製品保管、運搬用に一斗缶オープンタイプをご利用。
何度もくりかえし使用するので、錆びが発生し、形が歪んでいくとのお悩みでした。

医薬品を扱う環境なので、錆びによる異物混入には、特に気を使われています。

【導入後】
材質がPPなので、錆びず、容器のへこみも少なくなったと、大変喜んでいただけました。
容量・形は一斗缶オープンタイプ(天切缶)に似ているため、作業性も問題なしとのことです。





>> 製品の情報、販売ページはこちら <<


商品検索


ショップ ログイン

ショップ 新規会員登録